2019年8月15日に迎えた、戦後74回目となる『終戦の日』。

終戦の日にともない、漫画家の森永ミク(@miku39__mori)さんが描いた創作漫画をご紹介します。

74年前の「おかえり」

森永さんが描いたのは、74年前と現代に生きる夫婦のやり取りです。

74年前に「いってらっしゃい」と笑顔で送り出された夫はなかなか戻らず、最終的には遺骨となって帰ってきました。

遺骨を胸に抱き、泣き崩れる妻。戦時中は、こういった光景が多くの家庭で繰り広げられていたのです。

ネットの声】

・涙があふれた。平和のありがたみや大切さが痛いほど身にしみる。

・戦時中は、遺骨が回収できずに石ころを手わたされる場合もあったようです。

・愛する人をこのような形で迎えるのは本当につらいこと。改めて戦争はあってはならないと実感した。

作者である森永さんは、作品について「二度とこんな『おかえり』のある世界になりませんように」とつづっています。

「ただいま」「おかえりなさい」といい合える日常は、当たり前のようでいて、実は尊くかけがえのないものです。

戦争のない、おだやかな時間がこれからも続くように…改めて平和な世の中を守りたいと強く思わされます。


[文・構成/grape編集部]

出典
@miku39__mori


(出典 news.nicovideo.jp)

これは泣ける

<このニュースへのネットの反応>

つらい


男なら、背負わにゃいかん時はどない辛くても背負わにゃいかんぞ!


そもそも1コマ目の「いってらっしゃい」の重みが違う。


俺の婆ちゃんが遺骨だけでも帰ってこれただけ幸運な方だった、と言っていたことがあって戦争ってものの恐ろしさを感じた思い出がある


「最終的には遺骨となって帰ってきました」 ←←← 文学的能力が養われてない人材は、こういうデリカシーのない文章を平気デタレ流せるんだぜ。親不孝レベルの無能だ。


▲この「grape」は、ハーバービジネスオンライン&SPA!の「扶桑社」と同じ「フジサンケイグループ(フジテレビ)」の運営。 ▲ハーバーやSPA!での世論誘導工作が全然通用しないと知って、さらに別のダミー会社を投入して来た、学習能力ゼロの懲りないフジテレビ(筆頭株主は2005年からソフトバンク)


現実では、戦争に踏み出さない国や戦争に批判的な男を臆病者、非国民と罵り、焚き付けたのが当時の愛国婦人会や国防婦人会 前線には立たない癖に銃後として戦争に加担していた 女は常に被害者みたいに扱われるが、ちゃんと歴史を調べるとドン引くレベル


でも現代社会だと、覚悟して送り出した訳でもないのに、遺体で帰ってくることも多いよね。過労死だの自殺だの・・・


市民が政治を監視してないと、第二の牟田口廉也によって多くの国民が地獄に叩き落されることになるよ。


検察「部活指導者が生徒をリンチで*たけど不起訴、理由は明らかにしない。」検察「有名大学の生徒たちが集団*やらかしたけど不起訴、理由は明らかにしない。」これがまかり通ってる現状では、市民がちゃんと政治を監視しているとは言えない。


岡田斗司夫が「戦争なんかせずに、さっさと降伏して中国でもアメリカでもに占領されたほうがいい。国のトップが変わるだけの話。それより大切な家族が*だり家や財産を失って貧しくなる方がずっと損」って言ってたけどその通りかもね。いまだに玉砕の美学なんか持ってる人はいないとは思うけど。


降伏すれば*れずに済む、というのがそもそも間違いなんですわい。


それに直面したことのない者に戦争のことは分からない、ということも理解できないのか 他所の荒廃した国がなぜ荒廃してるのか考えたことすらないのかもしれない


降伏して*ずに済むのなら、どんな国だって戦争なんて手段は選ばない。当時の列強が有色人種をどう扱ってたか、世界恐慌の影響で隔離された貿易の中でどうふるまえばよかったと言うのかね…。答えなんか出るわけない。戦争は最悪の結果だったが、戦争がなければどうなっていたか、現代の我々にわかるはずもない。


骨も帰ってこないで手紙だけというパターンも多いらしい、便りがないのは無事な証拠といわれるやつ。あと戦死って連絡があって再婚後に実は生きてて戦後問題になった例も


武蔵46センチ<日本人が調子に乗って名誉白人気取りで、満州では子供たちが差別に便乗して中国人狩りをして遊んでいた。だから日本人は同じ黄色人種からの共感を得られなかったのだ。


ドイツ兵や日本兵が連合軍から壮絶な拷問を受けたのに対して、イタリア兵がそんな目に遭った話は聞かない。勝ち目なくなった時点で降伏していたらどうなってただろうか?


岡田斗司夫が「戦争なんかせずに、さっさと降伏して中国でもアメリカでもに占領されたほうがいい。国のトップが変わるだけの話。それより大切な家族が*だり家や財産を失って貧しくなる方がずっと損」って言ってたけどって?降伏して併合の場合トップだけでなく法や権利も変更されるやで?今まで様な生活は出来ねぇよ。


正直より良い負け方も有るだろうがたらればの話だからねただ言えるのは所詮は今ですら人種差別があるのを考えたら(それも結局は人種差別に関しては白人が多い)結局は負けられないとはなるでしょうね周りを見たら今以上は無いって思う余裕すらなくね


この手の話は非常に悲しく、今が平和で何よりだとも思えるものだけれども、だからこそ当時のようにならないように戦争というものに対して正面から向き合わないといけない。繰り返さないためには見ざる聞かざるではなく、正しく学ぶ必要がある。感情論的な部分や、謝罪が云々とかではなく、政治的な観点から外交の一手段として戦争を選択した経緯や理由を知らないといけない。